イラストレーターで線を縁取りを付ける方法(アピアランス)

イラストレーターには線や文字に簡単に縁取りを与える機能がありますアピアランス = 見た目・外観という意味になります
イラストレーターの機能の中でもよく使われるものですどんどん使って見ましょう

縁取りさせたい文字や図形の作成

文字でも線でも図形でも縁取りをさせることができます

(考え方)

①文字、線、図形を描く

②アピアランスの新規追加で対象と同じものを描き出します

③コピーしたものを大きくします

④拡大したコピーしたものの色を変換することで縁取りを作りだします

⑤完成

アピアランスを使って図形を縁取りさせます

 

①図形を描きます

イラストレーターの新規作成から長方形ツールを選び、大きさ位置を選んで描きます

②アピアランスのパネルを呼び出します

ウインドウからアピアランスを選びクリックします

アピアランスパネル

図形を描いてからアピアランスを呼び出すことで現在の図形の状態がアピアランスパネルに表示されます

縁取りを付ける

アピアランスパネルから新規作成を選び、図形の上に図形をコピーします

コピーした図面の線の太さを変更する(大きくする)

新規作成したほうの線の太さを(3pt) →(5pt) に変更します

太い図形を下側に移動

イラストレーターでは表示される順番がありますので、小さいものは隠れないように上側に移動

移動する場合はクリックしたままの移動で移動することができます

もともとの図面の線の色を変えて完成

もともとの図面の色を変更する

完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『40代後半独身男性』 リア充的な記事は全くありません 今更遅いですが自分を再度見つめ直すために、最近ハマっているブログに日々の出来事を記事にしています よろしかったらコメントいただけると嬉しいです